カードローンの繰り上げ返済とは?メリットなどと合わせて解説

カードローンでお金を借りた後には当然返済をする義務があります。そしてそのカードローンにおける返済の方法は実は複数あり、その中の1つにこの繰り上げ返済という方法があるのです。代表的なカードローンの返済方法は毎月決められた利息を上乗せして、定額で返していくという方法になりますが、この繰り上げ返済では定額ではなく時には将来返済する予定のある額を繰り上げて先に返すという方法を取るのです。
例えば、毎月利息を含めて3万円を返済していき、10ヶ月で完済するのが一般的な方法だとすると、いつもより大きな収入があるボーナスなどの時に、返済額を3万円から5万円などに引き上げを行ないます。そうして完済までの期間を10ヶ月よりも短くするのが、この繰り上げ返済という方法です。

カードローンで繰り上げ返済を選択するメリットとは

カードローンでお金を借りた際に繰り上げ返済を選択するメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は返済までの期間が短くなることです。上記で解説したように、繰り上げ返済ではボーナスを貰った時などに将来的に返済する予定だった分を繰り上げて返済していく方法のため、本来必要とする返済期間を短くすることが出来るようになるのです。そしてもう1つのメリットはローンでお金を借りた時に発生する利息を節約できることにあります。カードローンでお金を借りると返済時には消費者金融などが定めている利息を1日ごとに上乗せした額を返済する必要がありますが、繰り上げ返済では先程説明したように返済するまでの期間そのものが減るため、結果的に上乗せされる利息額も総額では経ることになるのです。


カードローンで繰り上げ返済をする際の注意点

カードローンで借りたお金を返済する際に繰り上げ返済を選択すると上記のようなメリットが得られますが、実は経済的な状況によっては繰り上げ返済を選んでしまうことがデメリットになってしまうこともあり得ます。例えば、社会人になって間もなく貯蓄額があまり多くない場合に無理やり繰り上げ返済を行ってしまうと、生活費そのものが足りなくなってしまうでしょう。結果的に他の金融機関で借り入れをしなければいけない状況になってしまいかねません。このように繰り上げ返済にはメリットがある一方で、上乗せして返済しても余裕を持って生活が出来るような経済状況でなければ、上記のような悪い結果になることもあるので注意してください。