銀行や消費者金融のカードローンの限度額について解説

カードローンの限度額はどのように決められるのか

銀行や消費者金融などの金融機関で利用できるカードローンの限度額というのは、原則それぞれの金融機関で行なわれる審査によって決定されます。この審査による限度額の決定方法の詳細は公にはされていませんが、消費者金融におけるカードローンの上限については貸金業法というルールによって決められています。具体的には総量規制と言って、消費者金融で融資出来る額は、融資を受ける人の年収の3分の1までだと定められているのです。そのため、消費者金融で借り入れをする場合には、基本的に最大でも年収の3分の1までしか融資してもらえないのだと認識しておく必要があるでしょう。ちなみに一般的に消費者金融のカードローンでは、限度額として最大で融資できる額を提示していることが多いのですが、それはあくまでも最大での話であるということを理解しておいてください。

一方で、銀行はこの総量規制というルールが適用されません。そのため銀行の審査によって返済する能力があると認められさえすれば、年収の3分の1以上の融資を受けることも可能になるのです。年収の3分の1以上の融資を受けたい場合には、原則として銀行のカードローンを利用するべきでしょう。